代表活動遍歴

現代社会からの逃避

・学生時代毎日20㎞をロードバイクで通学し
週末自転車にて逃避行するようになる
奥三河ツーリングにて道に迷う
紀伊半島一周にてプラットホーム野宿を続け
風邪を拗らせて帰宅困難になり捜索願いが出される
MTRにてセントラルパークトライアルに出場する
ロードバイク公道レースに参戦する 
 

・20歳 TOYOTA 4AGにてゴムが焦げた匂いと
血液が偏る遠心力を求め峠に通う
本宮山スカイライン
三河湖スカイライン
三ヶ根山スカイラン
奥矢作ダム周回路
80万掛けてグループA仕様に変貌したAE82を駆り
峠最速を我が物にする

・21歳 北海道野宿旅
週末書店で日本全土ロードマップを手に入れてしまい
北の大地に興味を抱き翌日無計画の旅に出る
走行距離3700Km
今は無き青函連絡船で忘れぬ一夜を過ごす
未舗装にダメージを受けタイヤのワイヤーが出て交換
夜間走行が続きバッテリーが上がり交換
オルタネーター故にヘッドライトが焼けて交換
網走にてスピード違反反則金を課金
北の大地で経済を回す 


・22歳 安細廉太郎著「林道コース大全」に魅せられ
全国林道走行野宿行脚を始める
北海道 大雪山系・阿寒山系・サロマ湖湖畔
東北    白神山地・吾妻山地・那須山地
関東    白根山地
甲信越  飛騨山地・苗場山地・美ヶ原高原・八ヶ岳連峰・白根山地
中部    秋葉山系・奥三河山地・茶臼山高原・段戸高原
北陸    飛騨山脈
四国    剣山山地・石鎚山脈
抜粋 7地域45ルート走行距離 75000Km

・23歳 寺崎勉著「ナチュラル・ツーリング」に魅せられ
林道の終点から登山を始める
雨畑大井川林道・櫛形山・身延山
天竜スーパー林道・権現山
剣山スーパー林道・剣山・次郎笈・三嶺山・石鎚山・瓶ヶ森
奥志賀スーパー林道・岩菅山・焼額山
乗鞍スーパー林道・乗鞍岳・焼岳
抜粋 5地域12座
特に四国へは5年間通い山と川そして海を目に焼き付ける
渓流で釣った魚を肴にバーボンとスコッチで贅沢な夜空を見上げる
見知らぬライダーと夜更けまで夢を語り合い雀の囀りを聴く

・25歳 歩道に止めてあったゴーカートに出会う
屋根から颯爽と乗り込み車道へ飛び出し走り去った車
ケーターハム7を湾岸戦争の煽りで2年がかりで手に入れる
日常を後方彼方へ吹き飛ばす快楽を求める世界に迷い込む
茶臼山スカイラインで夜空の星空と出会う
ビーナスラインで沈む夕日に煌めく海と出会う
濃霧の芦ノ湖スカイラインで赤色回転灯追尾の恐怖が襲う
箱根ターンパイクでCGの世界に自我を失う
瑞浪サーキットジムカーナ参戦
鈴鹿サーキット一般車両走行公開記念に特別参加
エキシビションレース参戦ティーポの取材を受ける

・30歳 足車としてGBよりミニスプライト並行輸入
AタイプE/G 4MT クイックシフト
10inc Hi-Loキット コイルサスペンション化
レーシングエキマニ・RC40マフラー
サイレンサー触媒レス仕様
モトリタステアリング・スミス200マイルカウンター
25年四半世紀を共に生きオドメーターは一周した

・37歳 原付の身軽さから日常が逃避に変貌する
会社を通り過ぎテント泊琵琶湖1周3回
会社を通り過ぎ鈴鹿山脈北部全登山口探索

会社を通り過ぎ多度山脈林道制覇
会社に背を向けてテント泊紀伊半島1周
軽トラで車中泊しながら原付の旅が始まる
聖徳太子を握れば一か月は遊べる

常に社会に対して逃避する事ばかりを考えていた
このまま内燃機関との生活に落ち着くと思っていたが・・

非日常への目覚め

・開高健著「オーパ」の壮大に魅せられ
本格的な釣りに目覚める
海釣り 若狭湾・蒲郡・内海
筏釣 尾鷲
トローリング ニュージーランド
渓流 三重・岐阜・茨木・栃木・長野・福井
ルアー 三重・岐阜・長野・愛知・滋賀・ニュージーランド
フライ 三重・岐阜・長野・山梨・静岡・福井・ニュージーランド

・野田知祐著「日本の川を旅する」に魅せられ
本格的な川下りに目覚める
天竜川下降
四万十川下降
吉野川下降
長良川下降 カヌーイストミーティング
抜粋 4地域4河川

・椎名誠著「ハーケンと夏みかん」に魅せられ
本格的な登山に目覚め脱出不可に陥る
厳冬期南八ヶ岳縦走
厳冬期鳳凰三山縦走
厳冬期仙丈ケ岳
厳冬期新穂高から槍ヶ岳
厳冬期西穂から奥穂縦走
厳冬期西穂西尾根
厳冬期涸沢岳西尾根
厳冬期宝剣岳主稜
厳冬期サギダル尾根
冬季前穂北尾根
冬季北穂東稜
冬季谷川岳
八ヶ岳アイスクライミング
乗鞍アイスクライミング
御在所アイスクライミング
仙丈ヶ岳から北岳縦走
立山三山縦走
表銀座縦走
裏銀座縦走
中の湯から槍ヶ岳縦走
比良山系全山縦走
鈴鹿山系全山縦走
赤岳から蓼科山縦走
欅平から阿曽原温泉
錫杖岳
小川山クライミング
御在所クライミング
湯俣から北鎌尾根
源次郎から剱岳
新穂高から水晶岳雲ノ平
抜粋 山行記録485日 257座

・太陽の力を求め初日の出登山に目覚める
1993年~1997年 伊吹山
1998年~2014年 藤原岳
2015年~2017年 竜ヶ岳
2018年 西穂高岳
2019年~2021年 竜ヶ岳
28年連続
越冬キャンプを含めると32年元旦は雪に遊んでもらう

・山岳遭難
20代後半粋がって厳冬期2月八ヶ岳全山縦走を決行
未熟な技術で硫黄岳の緩斜面にてアイゼンを引っ掛け滑落
爆裂火口壁へ100mほど転落し右足脱臼に陥り行動不能になる
雪壁に雪洞を掘りビバークし匍匐前進を繰り返し
2日掛けて自力下山当分の間山から遠ざかる事となるが
鈴鹿の山で身近の命が消える現実を目の当りし
自分の生かされた命は命を繋ぐ為に残されたのだと悟る

・決意のビバーク
積雪期前穂高岳北尾根5.6コルよりアタック
前穂登頂後気温上昇雪質不良にて吊り尾根トラバース断念
撤退開始後前穂Ⅱ峰直下3000㎜付近チムニーにて時間切れ
涸沢より500mは上空の壁に確保した状態でビバークを決意
-10度11時間をレスキューシート1枚で耐える
深夜3100m北穂北峰直下に建つ北穂小屋の明かりを見ながら
凍傷と低体温症への恐怖と戦い無睡眠で一夜を乗り切る
翌朝ⅡⅢのコルから涸沢へ降下帰還

現代社会からの逃避を繰り返していたが
いつしか非日常が日常となりエスカレートしていく

ランドネ 東京

・取材掲載記事出演
東京日本橋三重テラス
いなべ市アウトドア紹介イベント出演
同イベント中日新聞掲載・CTY放送
藤原小学校PTA依頼藤原岳ガイド読売新聞掲載
石榑小学校宇賀渓稚魚放流会講師伊勢新聞掲載
大安中央児童館主催宇賀渓稚魚放流会取材CTY放送
遭難対策委員会NHK取材放送
山雑誌ランドネ山大学記事掲載
いなべFMいなべの登山者リレー番組出演
鈴鹿サーキットcar雑誌ティーポ掲載
いなべ山女子フェスタCTY放送

いなべFMいなべ山女子フェスタ告知番組出演
モンベル本社いなべ市フレンドエリア誘致プレゼン 


・渡航歴
ニュージーランド南島
クライストチャーチ
アオラキ・マウントクック・ビレッジ
フッカー氷河トレッキング
タスマニアン氷河トレッキング
ニュージーランド・クイーンズ・タウン
ミルフォード・トラック・トレッキング
クイーンズタウンワカティプ湖トラウトフィッシング
オーストラリア・ケアンズ
グレート・バリア・リーフ
クイックシルバー号・スキューバダイビング
スイス・ツエルマット
マッター・ホルン
モンテ・ローザ
ゴルナーグラード山岳鉄道

・職業資格遍歴
自動車品質保証業務
第Ⅱ種電気工事士
CADオペレーター技能士
1級機械保全技能士
高圧ガス保安技能者
危険物取扱責任者
電気溶接技能士
リフト運転講習修了者
玉掛け技能終了終了者
クレーン運転技能士
産業機械特別講習修了者
基本情報処理技術者
ガレージ建設業
住宅リホーム業
中型貨物運転免許

いなべ山女子実行員会委員長 

キャンプ場管理者

・山岳関連研修会講習会参加履歴
都岳連指導員研修会
府岳連指導員研修会

愛知岳連確保研修会
愛知岳連レスキュー研修会
愛知岳連登攀技術講習会
愛知岳連冬山技術研修会
三重岳連指導員講習会
三重岳連冬山講習会
滋賀県遭対協合同夏季レスキュー訓練
滋賀県遭対協合同冬季レスキュー訓練
JMSCA日本山岳協会上級指導員研修会
JSPO日本スポーツ協会ACC2研修会
国立登山研修所レスキュー研修会
日本山岳登山リーダー講習会
国立登山研修所安全登山講習会
労働安全衛生特別教育等終了者(大径木等伐採)

自分が何者なのか自己紹介に苦しむ

山道具

・テント・ツエルト 8セット ATC/ABC/BCに合わせる
   特にダンロップV200とは25年以上の付き合いだ
・シュラフ・カバー 6セット 高度に合わせる
   初めてのシュラフはダクロンホロフィルモンベル#6
   辰野勇会長との会話に花が咲く逸品だ
・テントマット 3セット テントのサイズに合わせる
   コタツ用マットが安くてサイズも豊富
・スリーピングマット 6セット 高度に合わせる
   コレクションはインフレータブルが大勢を占める
・ザック 13セット 装備と高度に合わせる
   ミレーコレクション展示会を開けるほどある
・背負子 2セット
   ジャンスポーツ・ゴールドボーン
・コッヘルセット 7セット
   やはりモチズキとエバニューは外せない
大鍋 2セット
炊事セット 2セット
・バーナー 5セット 高度と装備に合わせる
   25年来MSRウイスパーライト信者
・アプローチシューズ 2足
   ワイズCの足がメーカーを選ぶ
・登山靴 11足
   ワイズCの足故にスポルティバが大半を占める
クライミングシューズ 2足
・アイゼン 6セット
   アプローチからアイス・アルパインまで網羅
・ピッケル 10本
   用途に合わせて一回の山行で4本持って行く事もある
ヘルメット 8セット
・クライミングロープ 4本
   シングル・ダブル・ツイン
カム 8セット
ナッツ 12セット
カラビナ 32枚
クイックドロー16セット
シュリンゲ 43本
ディッセンダー 3セット
アッセンダー 2セット
アイススクリュー 8本
ハーネス 3セット
ゴーグル 2セット
サングラス 4セット
アウターハードシェル 4着
アウターソフトシェル 7着
・レインウエア 3着
   2世代4世代モンベルストームクルーザー愛用
   辰野会長と日本のレインウエアについて談義
ダウンジャケット 4着
ダウンパンツ 2着
アンダーアッパー 4着
アンダーボトム 3着
ソックス 16足
バラクラバ 4セット
アウターグローブ 8セット
インナーグローブ 6セット
無線機 1台
ミラーレスカメラ 1台
耐寒耐衝撃カメラ 1台
全天候一眼レフ1台

兼用できる道具は信頼性に欠けるため
フィールドに合わせて増える事になるが
その道具を選択する知識も必須である

飽き性が故にどれ一つとして煮え切らない
一つが終わる事への恐怖から常に何かを模索している
いや過程が楽しく敢て完成させない・・・
と言っておこう

NPO法人による宇賀渓稚魚放流会

地元NPO法人児童館主催稚魚放流会開催に伴い講師役にて参加

いなべ市フェア in TOKYO 2015

東京日本橋三重テラスにていなべブランド紹介
担当は竜ヶ岳宇賀渓の魅力発信公演

いなべ市フェア in TOKYO 2016

山雑誌ランドネとの共同開催
いなべ市青川キャンプ場と竜ヶ岳にて開催した、ランドネ山大学のイベント風景やエピソードをパネルディスカッションにて公演

いなべ山女子フェスタ

三重県北勢地方いなべ市の山を舞台にした登山イベントをいなべ市と共催、第一回から第五回までを実行委員会委員長として在籍

毎年5月連休は上高地からツアーを開催、大量のBC装備を80L+40Lにパッキング、20代から愛用のダンロップテントとガソリンバーナーを担ぎ上げる

3日間の道のりを振り返る、そこには越えて来た岩塊があった、冒険とは生きている事を意味する言葉と知る

若かりし頃滑落を経験した八ヶ岳、厳冬期は決まってこの地に足を向ける、気が付けばあれから25年が経っていた、しかし未だに当時の自分を越えられずにいる

前穂北尾根Ⅱ峰ビバーク、生きるために出来る事をやり遂げる、壁のボルトにハーネスを確保し腰までの雪洞を掘る、一晩生死をさまよい朝日に生気を取り戻す、この時両足は凍傷で失うのを覚悟し懸垂ロープを握る手腕を残す究極の選択をした

気が付けば冬季山行が大半を占めている

クラシックミニを格納する為趣味で始めた自宅ガレージ作りが講じて、ガレージハウスの施工依頼がきてしまい建てる事になった、その為CADオペレーション資格を取りCADデータでNCプレカット業者へ基材を発注した

バックホーによる基礎工事から型枠筋入れ生コン打設工事、壁立ち上げ棟上げに至るまで全てを単独にて対応した為、完成までに3か月を要した、おかげで産業機械特別講習や施工業者とのコネクションなど幅が広がる事となった

ガレージ建設を知り合いが見に来て次は土壁の旧家をリフォームする依頼が舞い込んだ、4DKの間取りを現代風2LDKにリノベーションが依頼内容だ、ガレージで得られたコネクションにより施工がスムーズに進んだ、素人の自分にアドバイスしてくれた諸先輩方に感謝したい

キッチンからお風呂天井から壁フローリングに至るまで、電気工事からガス水道まで全て丸ごと一棟リフォームを行った、元々持っていた高圧ガス取り扱いや電気工事士の資格が役に立ったが、クロス張りは今回初めて挑んだが思いのほか完成度は高い

今後の主な活動

4月中旬 鈴鹿山脈 縦走 7日間
天候不良にて延期

5月上旬 涸沢BC 春山登山講習会 奥穂・北穂・バリエーションなど 10日間 参加者募集中
コロナ感染防止緊急事態宣言発出により県越自粛の為中止

5月下旬 八ヶ岳 南北八ヶ岳縦走 5日間 13座
コロナ感染防止緊急事態宣言発出により県越自粛の為中止

5月下旬 竜ヶ岳自然環境保全推進委員会・SDGs運営委員会設立

6月上旬 中央アルプス 縦走 5日間 10座

コロナ感染防止緊急事態宣言発出により県越自粛の為中止 

7月中旬 北アルプス 焼岳~日本海 20日間 27座

8月上旬 北アルプス 剣~新穂高 10日間 18座

8月下旬 日本山岳遺産登録申請

9月中旬 南アルプス 甲斐駒ヶ岳~草薙ダム 15日 11座

10月中旬 事務所兼トレーニングセンター設置

12月上旬 一般社団法人 竜ヶ岳森林研究協会

         【 English:THE Mt.Ryugatake FRA 】

22年上旬 一般社団法人 竜ヶ岳森林研究協会

         【 English:THE Mt.Ryugatake FRA 】